海外で航空券に関わる英語

英語は国際語

ただ、ホテルや航空会社ではそんなことはないので問題ありません。
日本人にとって距離的にも近く観光やビジネスでも繋がりが多い中国に関しては、中国語以外の外国語が通じないことが多いです。
航空会社でも中国語を使うか、または、同じ漢字の国なので筆談で会話をすることができます。
上海や北京などの大都市では、日本の旅行会社の支店があり、日本語対応なので安心ですね。
それから現在はかなり少ないですが、リコンファーム(帰りの予約便の再確認)が必要な航空会社があります。
短期間の旅行では、往復で利用することを日本国内で東京オフィスに電話で伝えるとリコンファームの必要がなくなるシステムを利用できるところも多いです。
チケットを購入の際には旅行会社の担当者に日本サイドのオフィスの電話番号を聞いてみてください。
それから、海外でリコンファームは現地の国内電話でもできます。
失敗談には該当しませんが、自身の経験談では常夏の国で速いスピードで話していまい、現地のスタッフに大笑いされたことです。
速く話すより、確実に伝えて解らなければ現地のオフィスを直接尋ねるのも良いでしょう。
旅行やビジネスでも感じた事ですが、英語は外国語というよりむしろ国際語だと思います。
また、日本で調達できる部分や手配できるもので荷物にならないものであれば事前に準備や手配しておくことをおすすめします。

top
page